インポテンツの克服法最新の記事

インポテンツは身近な症例

男性の場合、一般的には年令と共に性的能力が衰えていくといわれていますが、現代社会の複雑なメカニズムの中ではストレスなどから年令を問わずインポテンツ(勃起不全・勃起障害)に悩まされる人が増えてきています。俗にEDという総称でも呼ばれていますが、EDとは英語でErectile Dysfunctionのことで、定義として「満足な性交渉をするための十分な勃起ができない、もしくは維持できない状態」とあります。

インポテンツには「完全型」、「中等症」、「軽症」という段階があり、例えば中等症ですと「時には勃起が可能で、セックスの最後まで勃起が維持できることがある」状態を表しています。全く勃起しないのが「完全型」だけですが、「中等症」レベルであっても、「肝心な時に集中できず勃起しない」、「アルコールを少量でも飲むと反応しない」、「少しでも体調不良があるとセックスできない」など、満足な性生活とはいえない状態となります。

又、アメリカのある精力剤製造会社の調査によると日本人成人男性の約3人に1人は該当しているというデータもあるので、非常に身近な問題だといえます。これから、精力剤(サプリメント)の紹介をしていきますが、ストレス解消のための生活の工夫も大変重要ですから、奥さんや恋人の協力も得ながら早期改善を実現したいものです。

インポテンツの克服法について

漢方精力サプリ・ビッグウェーブ3「YABUSAME」は、ロングセラーを誇る驚異の漢方精力サプリメントです。これは独自の漢方理論「補腎」という、身体の根本から改善し強い生命力を取り戻すことをコンセプトに、改良を重ねて開発された製品で、バイアグラなどの酵素阻害薬とは違い、とても安全な点が好評の理由となっているようです。
カテゴリー
更新履歴
インポテンツは身近な症例(2009年7月12日)
精力剤「FORCE」(2009年7月12日)
サントリーがつくった精力剤(2009年7月12日)
第4の成分シトルリンで精力増強(2009年7月12日)
漢方のインポテンツサプリメント(2009年7月12日)